シラグラの成分公開

ジェネリック医薬品のシラグラとは、人気ED治療薬品バイアグラと同じクエン酸シルデナフィルを有効物質として含有、ED治療薬です。有効成分自体はバイアグラと同じシルデナフィルです。勃起に必要な血液を海綿体に血流増加させて正常に働きかける作用があります。クエン酸シルディナフィルは、狭心症の治療薬の成分として開発されたものが、勃起不全にかなりの程度の効果を見たことから、ED治療薬としても脚光をあびました。クエン酸シルディナフィルは、体の中で血管の弛緩を司るサイクリックGMPを分解するPDF-5という酵素の働きを阻害する効果があり、その結果、性器周辺の血流が多くなり、勃起状態を保つとされています。

シラグラは服用後30分~1時間で効果出現をします。効果も最も高くなるまでの時間が1時間であり、4時間の効果継続時間があります。服用しても視覚および触覚などの性的な刺激や興奮がなければ勃起は発生しません。年齢を重ねるうちに動脈硬化などで血管が拡張しづらくなり陰茎周辺の血液の流れが良くならないことで勃起不全が引き起ります、シルデナフィルはED治療に最適です。

バイアグラと同様に、薬の成分は腸から吸収されます。効果を最大限にするためには、空腹時もしくは食前時に服用をオススメします。空腹時に服用しなくては効果は半減、もしくは殆ど無い場合もあるので、注意が必要です。食事やアルコールの影響を受けやすい薬剤で、特にアルコールと同時接種すると、酔いが回りやすくなるので注意が必要です。服用後は24時間以内は再度服用しないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です